施設案内


地域医療連携室の業務内容

1. 入院のご相談
2. 医療・福祉制度に関するご相談
3. 医療機関・福祉施設との調整
地域医療連携室のご利用時間

月~金曜日 (平日)9:00 ~ 16:45
入院のご相談

入院をご希望の方は、当院「地域医療連携室」にご相談ください。
当院では、急性期の治療を終え慢性的な症状により日常生活が困難で療養が必要な方などが
入院の対象となります。

・急性期医療機関での入院治療を終え、在宅での療養が不安な方。
・施設に入所申込みをしている方で、入所までの期間が長期であり、在宅での療養が困難な方。
・医師により入院が必要と診断された方。
入院に関する詳細内容は、左記の「入院案内」をご覧ください。
PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。PDFが開けない場合は下記サイトへを行き、ダウンロード後インストールしてください。Adobe ReaderをインストールするとPDFファイルがご覧に頂けます。
Adobe Systems Incorporated: Adobe Reader > ダウンロード
医療・福祉制度に関するご相談

病気になったり、身体に障害が残ったりすると、様々な心配事や不安な事が出てきます。
例えば……、
 ・入院したら費用はどのくらい掛かるのだろう。
 ・退院予定だけど、今の状態で家の構造は問題ないだろうか。
  リフォームはどのようにするのが良いのだろうか。
 ・療養生活に不安や不満がある。
 ・どこに相談したら良いかわからない。
これ以外の事でもご相談ください。
医療機関・福祉施設との調整

・入院や退院に先立ち、患者様の同意のもと、相手先との情報交換を行っております。

看護部の理念


患者様に信頼される
心のこもった看護を提供する
基本方針

1.安全な看護・介護を提供する。
2.患者様が尊重されていると感じられる看護・介護を提供する。
3.看護・介護の質をレベルアップする。
4.病院経営に積極的に参画する
看護部長ご挨拶

看護部は、「患者様に信頼される心のこもった看護」を理念に掲げ、患者様の生活過程を整えることを基本にして、日々看護・介護をしています。

当院のような療養型病院は入院日数が長期になる患者様が多いので、毎日の生活が単調にならないように季節に合わせた行事や飾り付けを実施して楽しんで頂いております。 また患者様の安全に配慮しながら、
精神活動や身体機能が低下しないように遊びの要素を取り入れたリハビリテーションを病棟ごとで工夫し、日常的に看護スタッフと共に行っています。
倫理的感性を磨き、患者様の心に寄り添う関わりができるように、高齢者看護、認知症看護に必要な知識・技術を学習し、看護スタッフが成長できるように支援したいと思っています。

地域住民に信頼され、「選ばれる病院」になるために看護の質を高め、看護スタッフがやりがいを感じ、生き生きと働ける職場作りをしていきたいと考えています。

こんにちは。
空知中央病院では、理学療法士3名・作業療法士1名・助手3名で、病床200床(医療療養病棟・介護療養病棟)のうち、約半分の方々を対象にリハビリテーションを提供しています。
当院は療養型の病院ですので、リハビリテーションは治療的な目的よりも、療養生活へ向けての「体力維持・生活技能維持・認知機能維持」が支援の対象となります。 長期にリハビリテーションを必要とする患者様本人ばかりでなく、介護をされるご家族の支援も視野に入れ、サービスを提供しています。

当院での外来リハビリテーションは、消炎鎮痛・疼痛緩和のため水中機能訓練(水中ウォーキング)・温泉療法(天然温泉)を行っております。
個別の指導は入院患者様が対象で、外来患者様は自主訓練となりますが、希望により健康相談や運動方法の指導を致します。腰痛・膝関節痛、股関節や膝関節の手術後、リュウマチなどをわずらっている方は最適です。

▲リハビリテーションスタッフ

▲リハビリテーション室

栄養科行動指針

1.私たちは、自分の仕事に責任を持ち、チームワークと総合力を高めます。
2.私たちは、挨拶に始まる円滑なコミュニケーションを図り、明るい職場にします。
3.私たちは、常に自問します「その食事は患者様の立場になって作っているだろうか?」
栄養科長ご挨拶

皆様 初めまして。
当病院では、患者様に食べることの喜びをいつまでも持っていただくことをモットーに日頃の病院食だけではなく、四季折々の季節感を感じられるような食事の提供を心がけております。
又、その実現のため行動指針をかかげ、毎日食事の提供を続けております。
 ▲四季の鍋▲大晦日膳

■ リハビリテーション設備


温泉療法(温泉浴)
《浴室面積》男子108㎡/女子125㎡
《温泉成分》塩化強塩泉
《温泉効能》
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩運動麻痺、間接のこわばり、うちみ、くじき、痔疾、慢性消火器病、病後回復期、疲労回復、健康増進、虚弱児童、慢性婦人病、冷え症、きりきず、やけど

プール療法(水中ウォーキング)
《面積》短辺5.5m/長辺21m/総面積250㎡
《療法》水温を31℃にキープし水中機能訓練
    (水中ウォーキング)
《効果》消炎鎮痛・疼痛緩和

低周波治療器 3台
(1台は中周波治療も可能)
《療法》
【刺さない鍼(はり)治療】とも呼ばれ、患部に電極を当て直接筋肉を刺激します。低周波は体の表面を当て直接筋肉を刺激します。低周波は体の表面。
《効果》
慢性的な筋肉のコリや痛み、神経痛症状を和らげる効果が期待できます。

赤外線治療器
《療法》遠赤外線を当て、患部周辺を全体的に温めることができます。
《効果》
暖めるという行為は、血行の促進、筋肉の緊張緩和・痛みを和らげる効果に加え、
自律神経に作用し、精神的なリラックス効果が期待できます。
☆他の温熱療法機器として、ホットパック、マイクロ治療器を備えています。

牽引器
《療法》
腰椎牽引・頚椎牽引とも椅子に座った姿勢で仰向け姿勢で仰向けに施行します。ですから脊椎(背骨)に変形のある方も、脊椎の負担を最小限に抑る事ができ、ベッドに仰向けに横になれない方にも利用しやすくなっています。
《効果》
背骨周辺の筋肉の緊張緩和、椎間板への圧迫が除去されます。

水圧式マッサージ器
《療法》
ウォーターベッドタイプのマッサージ器で、水圧で全身の筋肉をマッサージします。
機械式マッサージ器(ローリングベッド)
《朗報》
ローラーを用いたマッサージ器で、いわゆる背筋を伸ばすようにマッサージします。
☆上記どちらも温泉浴やプール運動療法後が良いとされています。

空圧式マッサージ器(メドマー:下肢)
《療法》下肢の筋肉を、空気の圧力で
    マッサージします。
《効果》循環障害や代謝障害などで起こる、
    足の『むくみ』に効果があります。

■ その他の施設


機械浴
☆温泉浴が困難な患者さんのためにと
 2台導入しました。
☆夏場などの入浴頻度をより多くすることが
 可能になりました。
☆患者さんの負担軽減になるという
 別の効果もありました。

CT室
GE社製 スマートヘリカル
被爆の少ない高精度なCT映像で正確な診断結果が得られ、ひとりひとりの患者さんに合わせて、最適なCT検査が可能です。

栄養科
(温冷配膳車)
温かい物は温かいまま、冷たいほうが美味しい物は冷たいままの状態で食べていただけるよう10台を導入しました。
(スチームコンベクション)
スチームをかけながら焼くのでふっくら柔らかく焼き上がります。

病院内保育所
☆保育士5人体制の24時間施設です。

☆1歳から小学校就学前のこどもたちです。
☆ここから町内の幼稚園に通うことも
 可能です。

☆音楽やイマジネーション・メソードを
 取り入れた情操教育、そして漢字、算数
 などの勉学にも力を入れています。

 小学校3年生までの放課後クラブも
 開設予定です。